ウェディングブーケにまつわるアイテム・基礎用語

花材

ウェディングブーケに使われる花の材料のこと。
花や葉、実も含んだものをを総称して花材と呼びます。

ガーランド

花や葉をいくつもつなげて作る花綱のこと。リング状のものや一本の綱状のものがあります。
またキャスケードブーケの下のほうの流れの部分を表して呼ぶこともあります。

グリーン

ウェディングブーケに使われている葉や枝のこと。グリーンにも花のようにさまざまは形があり、また色も多彩です。
花を同じようにブーケの雰囲気を決める大切な要素です。

コサージュ(コサージ)

女性が身に着ける花の飾りのこと。胸につけるものと一般的にコサージュと呼びますが、肩につけるものをショルダー・コサージュ、ウエストラインにつけるものをウエスト・コサージュ、手首につけるものをリストレット・コサージュ、足首につけるものとアンクレット・コサージュを呼びます。
ちなみに、新郎が胸につけるものはブートニア(ブートニア)と呼びます。

ステム

茎のことです。ウェディングブーケではもち手のことも表し、クラッチブーケ以外はリボンで巻かれていることが多いです。
またブーケのもち手がそのまま茎の状態を生かしてつくられたものを、ナチュラルステムといいます。

チュール

薄い網状の布のこと。透ける用な感じが美しく上品で、ブーケにもあしらわれたりします。

花持ち

ウェディングブーケに使われる花がしおれないでいる状態をあらわしていること。
当ショップではエターナルフラワーを使ってブーケを作成しているため、花持ちや扱いを心配せずに
結婚式中安心してブーケを持っていられます。
また枯れたりする心配がないため、結婚式の後思い出のインテリアとしても使っていただけます。

花持ちフォーカルポイント

ウェディングブーケの中で一番目に付くところにある、一番美しい花のこと。
この2枚の写真でいうと中央にある、もっとも目立つきれいな白いバラです。

ブーケトス(トスブーケ)

式の後、花嫁が後ろを向いて、ゲストに向かってブーケを投げます。
その投げたブーケを受け取った未婚の女性が、次に幸せな結婚をするというおまじないです。
最近では何本かのリボンの一つだけにブーケを結びつけ、ゲストにリボンを選んでもらい渡すとか、
女性友人ゲスト全員に幸せをおすそ分けするためにミニブーケを人数分用意する、
2階のバルコニーからブーケを投げるなどいろいろな趣向を楽しむことも増えています。

ブーケホルダー(ブーケフォルダー)

ウェディングブーケの手元にあり花が差し込んである持ち手のこと。
生花の場合先端に吸水性スポンジがついたものが一般的です。
当ショップではオリジナルの革工芸師作の革のブーケホルダーを使っています。

ブートニア(ブトニア)

新郎が胸に飾る花飾りのこと。新郎が胸につけるブトニア(ブートニア)は新婦がもつブーケに使われている花で作られます。
またよりフォーマルな結婚式では、新郎の父、新婦の父や男性の友人もブートニア(ブートニア)をつけるのがマナーです。

ブライズメイド

花嫁の付き添いとなる複数の女性。
身内の若い女性や花嫁の未婚の友人がこの役を受け持ちます。
結婚式に華やかさを沿え、それぞれの手には小ぶりなブーケを持ちます。

フラワーガール

教会の結婚式で入場するときに、花をまいて清めながら花嫁や花婿の先頭に立って導く女の子のことです。
通常近親者の12歳以下の女の子を選び、ミニブーケやフラワーバスケットを左手に通し、右手で花を、撒いて歩きます。
子供には落とさないように、持ちやすいミニボールブーケを持たせるとよいでしょう。

フローラルテープ

ウェディングブーケを作成する際に使われる、ワイヤーなどを巻くための粘着性テープ。

ヘッドドレス(ヘアオーナメント)

花嫁の頭につける髪飾りのことで、一般にウエディングブーケと同じ花が使われます。
頭のサイドにつけたり、垂れ流した髪につけたり、まとめた髪に挿したりするものがあります。

ワイヤー

ウェディングブーケを作る際に使われる専用の針金のことです。
素材は鉄、真鍮、銅など。太さや長さ、紙巻したものなど多くの種類があり、その用途は目的によりさまざまです。
ワイヤーのおかげで表情さまざまなブーケを作ることができます。
太さは番号が大きくなるほど細く、ブライダルブーケでは通常18~30番を使います。




FLORALSHOP InformationBox
情報チェック!
ウェディングブーケの作り方
  • 安心する形・花の配置
  • 作り方 part1
  • 作り方 part2
  • 材料
  • ウェディングブーケのいろいろ
  • 用語集
  • お手入れ方法
  • インテリアに
  • 髪飾りのつけ方