ウェディングブーケのお手入れ方法

ウェディングブーケのお手入れ難しいのかな・・・。と心配しなくても大丈夫。とても簡単です。
ちょっとの気遣いだけで、あなたの思い出が、色あせずに長く美しさを保ちます。

直射日光に当てない

シルクフラワー(造花)の材料は主に布からできています。
その布の材料はポリエステルやポリエチレン、ビニール樹脂皮コート。
永遠のブーケであるエターナルブーケといえども、紫外線を含んだ直射日光を長期間当てることは変色や変形の原因となります。
なるべく直射日光の当たらないところに保存してください。

ほこりをかぶる前に吹き飛ばして

たまったほこりは長時間そのままにしておくと、取れにくくなります。
お部屋の掃除も一緒ですが、ほこりはたまる前に取るのが一番。
といっても一週間に一度しっかりとお手入れしないと、、、なんてことはなく、
2,3ヶ月に一度ドライヤー(冷風)などでほこりを吹き飛ばしてください。
もしくはやわらかい素材でできた”はけ”などでほこりを落としてください。
手間がかからず、手入れが簡単なのもシルクフラワー(造花)ならではですね。

火に近づけないでください

シルクフラワー(造花)の材料は基本的に燃える素材です。
熱に比較的強いとはいえ、ストーブの近くに置いたり、高温のドライヤーの熱を吹きつけ過ぎれば、
溶けたり燃えたりしてしまう恐れがあります。

花が取れたら(外れたら)瞬間接着剤で留めてください

なるべくやさしく扱ってください。シルクフラワー(造花)は生花より丈夫といえども、比較的繊細にできています。
花そのものをもったりせず、ステム(持ち手)をもつようにして下さい。
もし花首が取れてしまったり、葉などが取れてしまっても瞬間接着剤で留めることができます。
取れた部分にちょっと塗り、すばやくくっつければ元通りになりますよ。





FLORALSHOP InformationBox
情報チェック!
ウェディングブーケの作り方
  • 安心する形・花の配置
  • 作り方 part1
  • 作り方 part2
  • 材料
  • ウェディングブーケのいろいろ
  • 用語集
  • お手入れ方法
  • インテリアに
  • 髪飾りのつけ方