ウェディングブーケの作り方 part1

  • 花材をカットする
  • まず素材として選んだ花の材料をカットしていきます。
    このカットの前段階でどんなブーケを作ろうかとある程度決めてあります。
    これを決めておくときちっとしたブーケと作ることができる一歩を踏み出すことができます。
  • 花材をワイヤリングする
  • 花の顔を自在に方向付けできるように茎をワイヤーで作ります。その花にあった太さのワイヤーを選び、茎にしっかりと巻きつけます。
    ここで気を緩めてゆるく巻いてしまうと、花がワイヤーからスポンと抜けてしまいます。
  • 花材のワイヤリング完成
  • ワイヤリングの完成です。
    ワイヤーが花の茎からすっと伸びて、美しく仕上がりました。
    *ワイヤリング
    花や葉を補正や補強、目的の造形に適するように人工的な茎を形成すること。この方法で目的の構成を確実にします。

    ワイヤリングする花材の多さ

    当店では生花でできたブーケを感じられるように、細かく花や実や葉をワイヤリングしています。
    ひとつのブーケに種類の違う100本以上のワイヤ-を使うのは、まれではありません。
    細やかに多くの本数を、しっかりと作り上げることにより、よりすばらしいブーケができあがります。
    このたくさん巻き上がられた花材の本数を見てください。
    こんなに手間がかかるのかときっと驚かれることでしょう。
    この小まめな作業を丁寧に行うことで、アートフラワー(造花)が生き生きとした表情をもち、素敵なウエディングブーケが出来上がるのです。

    テーピング

    ワイヤリングの次はテーピングが待っています。
    一本ずつ手作業で両面に粘着力のあるテープをワイヤーが隠れるように巻いていきます。
    ウエディングブーケが完成したときにワイヤーが出てきてしまわないように、
    また厚く巻いてボテボテの茎にならないよう、薄くきちっと巻きます。
    これでブーケを組むための準備が整いました。




    FLORALSHOP InformationBox
    情報チェック!
    ウェディングブーケの作り方
  • 安心する形・花の配置
  • 作り方 part1
  • 作り方 part2
  • 材料
  • ウェディングブーケのいろいろ
  • 用語集
  • お手入れ方法
  • インテリアに
  • 髪飾りのつけ方